FEATURE INVENTORY

feature inventory

NEW ARRIVAL

car-01
22 AUGUST, 2014
FONDUE2007 Bugatti Veyron
car-02
22 AUGUST, 2014
2009 Bugatti Veyron Bleu Centenaire
car-03
22 AUGUST, 2014
1968 TOYOTA 2000GT
car-04
22 AUGUST, 2014
2008 Paagani Zonda F
car-05
22 AUGUST, 2014
Porsche959 Racing

2011 McLaren MP4-12C GT32011年式 マクラーレン MP4-12C GT3

PRICE POA UPDATE: FRIDAY,AUGUST,7,2015 販売中

2011 MP4-12C GT3

車台番号:MP4-12C-GT3-026
ロールケージシリアルナンバー:028
ホモロゲーションナンバー:GT3-031

・F1GTR以来となるファクトリーレーシングカー
・GT3ホモロゲーション取得済み
・ビンゴレーシングからGTアジア参戦車両

“GTアジア2015参戦車両”

当個体は、今年(2015年)の7月18、19日に行われた、GTアジア第5,6戦に32号車として出場した車両です。当社がケーズフロンティアと連携し、飯田章選手、飯田太陽選手をドライバーとして参戦しました。

本物のレースカーであるため、残念ながら、車検をとる事はできません。公道ではお楽しみ頂けませんが、ドライバー曰く、「コントロール性の高い、乗りやすいレースカー」、であるため、趣味で楽しむサーキット走行に、これ以上ぜいたくなマシンはほかにないでしょう。

マクラーレン製のレースカー自体が日本では非常に数が少ないため、希少です。今回はそのレースカーを手に入れることのできる大変珍しい機会ということになります。

ホモロゲーションの資料も残っており、車検対応前の部品もきちんと保存されています。

元色は白でしたが、現在は写真でご確認頂けるような、ビンゴレーシング仕様のラッピングが貼ってあります。

“MP4-12Cの歴史”

マクラーレンF1以来10年以上ぶりとなる純粋なマクラーレンのミッドシップスポーツカー、MP4-12Cが発表されたのは2011年のことでした。否、ピュアにマクラーレンという意味では、BMWエンジンを積んでいた、マクラーレンF1以上でしょう。

マクラーレンは、合計163回のグランプリを獲得したフェラーリと並ぶレーシングカーコンストラクターです。F1について言えば、ドライバーズとコンストラクターズ、併せて計12回のチャンピオンシップを獲得。F1GP、ル・マン24時間レース、インディ500マイルという世界三大レースを制したことのある、唯一のレーシングチームでもあります。

そんなマクラーレンの持つ最高のレースカー設計&製造技術をもって、最高のスーパーカーをめざし開発されたのが、MP4-12Cというわけです。

伝説の3シーターロードカー・F1から、メルセデスベンツSLRマクラーレンを挟んでおよそ10年。この長い時間を経て、大きな技術革新がもたらされました。

モノセルと呼ばれる12Cのモノコックボディは、この価格帯のスーパーカーとしては非常に珍しく、CFRP(炭素繊維強化樹脂)製です。その重さはわずかに、80kg。特筆すべきは、マクラーレンF1時代のカーボンモノコックボディ製造にはおよそ3000時間もかかっていたのに対して、12Cのモノセルではたったの4時間で製造可能となったという点です。これは、まったく新しいCFコンポジットの成形方法(RTM成形)が採用されたことによります。

エンジンはマクラーレンとリカルド、イルモアとの共同開発による3.8リッターV8ツインターボ。この排気量設定には、グローバル市場におけるさまざまな規制や税制をクリアする発想が盛り込まれています。8500回転まで伸びるハイレブキャラクターを有しながら、わずか2000回転で最大トルクの80%を生み出す特性をも持ち合わせています。それゆえ、実用域における扱いやすさは、最新スーパーカー随一です。

トランスミッションは、イタリア・グラチアーノ製の7速デュアルクラッチギアボックス。パドルへ軽く触れるだけでコンピューターが次のシフトチェンジを予測するシームレスシフトギアボックス(SSG)を搭載し、より素早いギアチェンジが可能となっています。

デビュー当時のプレスリリースでは、最高出力600馬力、0-100km/h加速は3.1秒と公称されていました。それだけのパフォーマンスを持ちながら、燃費はリッターあたり11kmを謳っており、環境へも配慮されたスーパースポーツであることをアピールしています。

あるテストにおいて、最高速度343km/hを記録。制動パフォーマンスとして、200km/hからは5秒で完全に静止。100km/hから静止までに必要な距離は30m以下でした。

また、F1由来のテクノロジーである、高速コーナリング時のアンダーステアを減らす、ブレーキステアが備わっています。

非公式ながらニュルブルクリンクのラップタイムは7分28秒を記録しました。

12Cはその後、650S、最強バージョン675LTへと進化を果たします。

“GT3の歴史”

2011年、マクラーレンはCRSレーシングと共同でマクラーレンGT社を設立。レースカーの販売と同時にメンテナンスも行うと発表しました。

FIAの規定するGT3グループでの参戦を目指し、テストドライバーにアルバロ・パレンテを起用し、MP4-12C GT3の開発を開始したのです。

ホモロゲーションの関係から、GT3はいくつかの制限を受けています。ノーマルとの変更箇所としては、トランスミッションが、80kgも軽くなったリカルド製の6速ギアボックスへ変更されている他、F1マシンと同様に日本の曙工業製のブレーキキャリパーをインストール。ボッシュ製のABSが備わった他、より優れた空力特性を得るために専用のエアロデバイスが取り付けられました。

サスペンションも変更されましたが、プロアクティブ・シャシー・コントロールシステムは取り除かれ、また、エンジンの最大出力も500psに低減されました。

しかしながら、その類まれなポテンシャルの高さは、すでにその実績によって証明されています。スパ・フランコルシャンでレースデビューを飾り、2012年には13ものカスタマーチームが世界中のレースに出場。そしてその中で19回もの優勝を飾ったのです。

2011 MP4-12C GT3

Chassis No.: MP4-12C-GT3-026
Roll Cage Serial No.: 028
Homologation No.: GT3-031

- McLaren’s factory racing car since F1 GTR
- Certified GT3 homologation
- GT Asia Entry Vehicle from Bingo Racing

“Participating Vehicle in GT Asia 2015”

This example offered here was used in GT Asia Rd. 5 and 6 in July of 2015; number 32 was given. Together with K’s Frontier, Bingo Racing made an entry with Akira Iida and Taiyo Iida as the drivers.

Since it is a legitimate race car, it cannot be driven on the public roads, however the drivers highly recommend using this car at a circuit for personal pleasure because it has an excellent control yet, easy to drive.

It is very rare to see a race car made by McLaren in Japan so we are offering a great opportunity to be the owner of such rare vehicle.

Homologation papers and parts that was replaced prior to the test for registration will follow the sale.

This car was originally white, but, as you can see, the car is wearing BINGO RACING style body warp currently.

“The history of MP4-12C”

MP4-12C was announced in 2011. That was the pure McLaren’s mid-shipped sports car for the first time in more than a decade since McLaren F1. However, genuineness would be much higher than McLaren F1 that mounted BMW engine.

McLaren was lining up with Ferrari which received 163 Grand Prix in total, as a racing car constructor. As for F1, McLaren won total of 12 championships: including both drivers and constructors. They are actually the team that conquered the biggest three races of the world; F1GP, 24 Hours of Le Mans and Indianapolis 500.

MP4-12C is the sports car developed with McLaren’s best race car design and the manufacture technology.

About 10 years were spent for the remarkable innovation of technology through legendary F1, a three-seater road car, and Mercedes Benz SLR McLaren.

I was rare to see a supercar in this price range to have a 12C monocoque body, known as Monocell, and it is made of CFRP (Carbon Fiber Reinforced Plastics). It weight is only 80kg. What is amazing is a huge difference in production times: McLaren F1 carbon monocoque body took 3000 hours; 12C Monocell took only 4 hours. The time reduction was achieved by RTM (Resin Transfer Molding), a new molding technique for CF composite.

3.8L V8 twin turbo engine was produced by McLaren, Ricardo, and Ilmor. Many ideas were embedded in the displacement configuration in order to pass a regulation and a tax system of global markets. While the engine has a high speed rotation capability up to 8500rmp, it manages to produce 80% of the maximum torque at only 2000rmp. Because of that fact, this is the only easy-to-drive latest super car.

The transmission is 7-speed dual clutch gear box made by Graziano in Italy. A light touch to the paddle enables a computer system, SSG (Seamless Shift Gearbox), to predict next shift change for a faster gear change.

According to the press release, maximum output is 600hp and 0-100km/h in 3.1 seconds. For being a such a high performance vehicle, the car actually is environment friendly; its mileage is 11km/L.

The maximum speed of 343km/h had been recorded at a test. At the braking test, it took only 5 seconds to stop from 200km/h drive and only 30m distance was needed to stop from 100km/h.

This vehicle id equipped with a brake steer, a technology based on F1 to reduce understeer when cornering with high speed.

Although it is unofficial, it recorded 7'28 at Nurburgring.
12C evolved to 650S, and then to the latest version of 675LT.


“The History of GT3”

In 2011, McLaren established McLaren GT with CRS Racing and announced to produce race cars and provide services.

They started to develop MP4-12C GT3 by hiring Alvaro Parente as a test driver. Their goal was to enter FIA Group GT3.

GT3 could not avoid having some limitations due to homologation. It has a six-speed gearbox, 80kg less weight, made by Ricardo, Akebono brake caliper just like F1 machine, Bosch ABS, and exclusive aero to have greater aerodynamics.

The suspension was also changed, proactive chassis control system was removed, and the maximum output of the engine was reduced to 500hp.

However, its outstanding performance was proved by the records. It made a rare debut in Spa-Francorchamps. The thirteen customer teams entered the races all over the world in 2012 and won 19 times.