FEATURE INVENTORY

feature inventory

NEW ARRIVAL

car-01
22 AUGUST, 2014
FONDUE2007 Bugatti Veyron
car-02
22 AUGUST, 2014
2009 Bugatti Veyron Bleu Centenaire
car-03
22 AUGUST, 2014
1968 TOYOTA 2000GT
car-04
22 AUGUST, 2014
2008 Paagani Zonda F
car-05
22 AUGUST, 2014
Porsche959 Racing

1963 Jaguar E-type 3.8 Liter Competition Coupe1963年式 ジャガー Eタイプ 3.8リッター コンペティション・クーペ

PRICE POA UPDATE: FRIDAY,MAY,13,2016 販売中

FIA車両識別番号:26458

・FIAのホモロゲーション取得済み
・そのままでクラシックレースに出場可能
・数々のレーシングモディフィケーションによる高い戦闘力


“FIAのホモロゲーションを受けたレーシングEタイプ”

美しいメタリックブルーの1963年式ジャガーEタイプ・コンペティション・クーペが入庫しました。 当車両は2007年6月にヒストリックGTレースへ出場するためのホモロゲーションを受けており、FIAの管轄するヒストリック・スポーツカーレースに参戦可能な一台です。

その特徴的なボディカラーは1956年と57年にジャガーDタイプを走らせ、2年連続でルマン24時間レースを制したスコットランドの伝説的なプライベーターチーム、エキュリー・エコッセのチームカラーである ’フラッグ・メタリックブルー’ を用いています。

ジャガーはDタイプを使用し3年連続でルマン24時間に勝利するなど、レース活動に力を入れていましたが、一転Eタイプでレースに参戦することには消極的で、その代わりプライベーターへの支援を積極的に行いました。 特に後からデビューしたフェラーリ250GTOに対抗する為に様々な進化策がとられ、それをモチーフにした数々のレーシングモデルが今も存在します。

当個体のエンジンは3.8リッターの直列6気筒DOHCで、ロードモデルにはSUキャブレターが採用されていますが、より大口径の ウェーバー45DCOEに交換されています。 増大したパワーに対して、ボディはアルミとスチールを巧みに使い分け、ウィンドウにはアクリルが使用されるなど様々な軽量化策により920kgに抑えられています。

エンジンのパワーは4速MTを介して路面に伝えられます。 フロント15” x 7J、リア15” x 7.5Jのホイールに組み合わされるのはダンロップのレーシングタイヤでフロントが5.50 M-15、リアは6.00 M-15というサイズ。 ちなみにジャガーDタイプは4輪ディスクブレーキを採用した初めての車ですが、このEタイプも当時としては強力なダンロップ製ディスクブレーキを採用しており、フロント径が292mm、リアは254mmとなっています。

上記のように、この車両はそのままクラシックレースに参加できるよう、数々のレース用モディファイが施され高い戦闘力を備えています。 FIAのホモロゲーション書類が揃っており、FIA管轄下のレースに参戦するのに何の心配もいりません。 そしてこのクラシックなシェイプを備えたフラッグ・メタリックブルーのクーペは、ガレージで一人眺めても美しいのは間違いありませんが、サーキットを疾走する姿はより一層映えることでしょう。

FIA Chassis number: 26458

- FIA homologation acquired
- Able to attend the classic race as it is now
- High combat force because of a number of racing modifications.


“Racing E type which acquired homologation by FIA”

We have beautiful metallic blue 1963 Jaguar E-type Competition Coupe in stock now. 
This car has received homologation in order to participate in Historic GT race in June, 2007 and it is capable to enter into Historic sports car race which is under the jurisdiction of FIA.

This characteristic body color, named “Flag Metallic Blue”, is a team color of Ecully Ekosse: a legendary privateer team who conquered Le Man 24-hour race two years in row by driving Jaguar D-type in 1956 and 1957, run Jaguar D-type in 1956 and 1957. 

Jaguar have used D-type at the Le Man race and won 3 years in row and they have been focusing on race activities.
However, they were reluctant to compete in the race with E-type and instead, they proactively supported a privateer team instead. To compete against Ferrari 250 GTO which made its debut later on, various evolutionary measures were taken and that became a motif of many models of race car existing nowadays. 

This car has 3.8-liters DOHC inline six-cylinder engine. Although SU carburetor has been adopted on road model, it was replaced with a larger diameter Weber 45 DCOE. On top of increasing the power, aluminum and steel were cleverly used on the body and acryl on the windows to achieve weight reduction of 920kg.

The power of the engine is transmitted through 4-speed manual transmission to the road surface. 

The front wheels which measure "15 x 7” are combined with racing tires by Dunlop: measuring 5.50 M-15 while "15 x 7.5” rear wheels are fitted with 6.00 M-15 rubbers. Jaguar D-type is the first car to adopt a four-wheel disc brakes, and the E-type has adopted a strong Dunlop disc brake at that time. Front is 292mm and rear is 254mm. 

As written above, this vehicle has undergone profound modifications so it is well prepared to be able to participate in a classic race as it is and has a high combat power.
No need to worry about anything prior to enter into a race under the jurisdiction of FIA because we have documents of FIA homologation on our file.

And this flag-metallic blue coupe with the classic shape is absolutely beautiful to lay eyes on in the garage, but the appearance of hurtling the circuit will be even more appealing.